• HOME

睡眠時間を確保することの大切さ

一日のうちでいろいろなことをやろうとすると、どうしても時間が短くなってしまいます。

そのできないことが結局、睡眠を削ってやることになると、睡眠不足に陥ってしまいます。

たくさんの仕事を抱えていると、特にそういったことが起こりやすくなります。

それを防ぐためにも、睡眠時間は最初に確保しておいたほうがよいかもしれません。

起きている時間で、どうやって行動していくかを決めた方が良いかもしれません。

睡眠時間の確保は、人間が生きていく中で絶対に外せない項目です。

そして、意外なところに無駄な時間を使っていることもあります。

本当はそこまで時間が必要ないのに、無駄な時間を費やしているかもしれません。

そこを一つずつ潰していけば、かなりの時間が確保できるのではないかと思います。

日々の健康を維持していくためにも、睡眠時間の確保は非常に重要なことだと思っています。

日の出とともに起きて、日の入りとともに休む生活

朝起きてから、ある程度目覚めるまでには少し時間を要します。

それまでは少し頭がぼーっとしています。

それと同じように、夜寝る前も動いていた直後はなかなかすぐには寝付けません。

お休みモードに入るまで少し時間が必要です。

その間はリラックスできることをやった方が良いですね。

そのほうがすんなり睡眠に入れるようです。

私は以前、夜に副業をやっていた時、帰宅してからしばらくは寝れませんでした。

そのため、睡眠時間が短くなり、翌朝起きるのがけっこう辛かったのを覚えています。

今は、夜は休むようにしたので、その分身体はかなり楽になりました。

人間の身体は日の出とともに起きて、日の入りとともに休むというのが、根本的な生活スタイルなのだと思います。

そのほうが、身体のリズムやサイクルに合っているような気がします。

昼も夜も休みなく働くということは、やはり身体に無理がかかっているので、身体に悪影響を及ぼしかねないと思います。

関連記事